戸建てを買うならキッチン間取りに注意!モデルルームは行くべき?

Uncategorized

マイホームを購入するならこだわりたいキッチン!
毎日使う水回りだからこそ、快適で作業効率アップする空間にしたいですよね。

それぞれのライフスタイルによって、こだわりは異なるもの。
安さやデザインで選んで後悔…なんて事にはなりたくない!
キッチンのスタイルやレイアウトを見比べて、自分に合ったキッチン選びをしてゆきましょう。

キッチンの間取りは、ダイニングやリビングとの関係から、3つに分けられます。

.

●オープンキッチン
ダイニングとリビング、そしてキッチンの間に仕切りが無いスタイルです。
開放感があり、キッチンから家族の様子が見える安心感があります。
リビング間との会話、料理の配膳もスムーズで作業効率がアップする間取りと言えます。

ニオイや煙がリビング中に広がるデメリットがあります。
リビングからキッチンの様子が丸見えなので、片付けが苦手な人は気になるかも?

.

●クローズドキッチン
キッチンだけが独立した部屋の様になっているスタイルです。
調理中に出るニオイや煙をリビングへ逃がさないメリットがあります。
来客にキッチンを見られないので、散らかり具合を隠す事が出来そう。

熱気が籠りやすい為、夏場は暑いというデメリットに繋がりやすい点があります。
また、キッチンからはリビングにいる家族の様子を見る事が出来ない為、不安に感じるかもしれません。

.

●セミオープンキッチン
オープンキッチンをベースに、部分的に仕切りを設けているスタイルです。
キッチンはリビングからは完全に見える事が無い半個室風。
一番選ばれているスタイルのようですね。

オープンキッチンと同様、料理で発生するニオイや煙は、リビングまで広がってしまいます。
仕切りがある為、開放感はそこまで無いかも。

.

いかがでしたか?キッチンのスタイルは大きく分けて3つ。どのスタイルが自分に合っていると感じましたか?

それぞれの家庭でキッチンに求める理想が違う為、「人気=快適」とは一概には言えません。
間取りスペースや作業効率など、ライフスタイルに合ったキッチンにする為、間取りやレイアウトの特徴を理解しておくことが成功のポイント!
あとはやはり、ショールームやモデルルームに実際に行って見てみる事。

日頃から今のキッチンの不満ポイントを逐一メモして、まとめておくと良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました