一戸建て購入するならこだわりたい洗面室オプション!

Uncategorized

水回りのオプションといえば、キッチン・バス・トイレ。
それと同じぐら大切なのが、洗面室です。
洗顔や歯磨きで毎日使用する洗面化粧台ですが、種類が色々あるようです。
こだわる事で、見た目と快適性が格段にアップするんだとか。

建売住宅購入後、こだわりたくてリフォームする方もいるようなので、参考にしてみて下さい♪

.

●ユニットタイプ
鏡・収納・洗面ボウル・照明が一体型となった既製品で、最も選ばれやすい主流の物。
設置場所が決まれば、工事が簡単に終わるのが魅力です。

据え置き型や、キャビネットタイプなどとも言われています。

.

●システムタイプ
全ての機能を好みに合わせて選ぶ事が出来るので、自由度が高いのが魅力的。
空間に合わせてコーディネート出来る為、洗面室の空間の悩みを解決してくれます。

ユニットタイプと比べるとお値段は高くなりますが、満足度は高くなりそう。

.

●造作洗面台
全てオリジナルで作るので、高さや素材、見た目など、既製品では得られない完全オリジナルな洗面台が作れます。
オシャレな洗面台を作りたい、テーマが決まっている等こだわりがある人にオススメ。

輸入素材で創り上げる等、インテリアにもこだわる事が可能。

.

洗面ボウルにも様々な種類があるようなので、要チェックです。

.

●陶器
主流となっているのが焼き物の陶器製のボウルです。
硬いので、長く使っていても傷がつきにくい魅力があります。

硬い物を落とすと割れたり、ヒビが入ったりするリスクがあります。
陶器のコップや、スキンケアのガラス瓶を落とさないように注意しましょう。

.

●ホーロー
表面をガラスでコーティングされている為、汚れや傷がつきにくい特徴があります。
ニオイも付きにくいので、清涼感を保てます。

陶器と比べると傷がつきやすいので、優しく掃除するのが良さそう。
欠けたガラス表面から錆びる事があるようです。

.

●人工大理石
陶器よりも割れにくいのが魅力の人工大理石製ボウル。
アクリル樹脂・ポリエステル樹脂を主成分としているので、非常に丈夫。

ただ、表面に細かい傷がつきやすいのがデメリット。
ヘアカラーの薬品など、色残りしやすいので注意が必要です。

.

毎日使う洗面台は、家族全員が使いやすい物が良さそうですね。
特に素材の特徴なんて、マイホームを購入する事が無ければ知る事も無かったと思置います(^-^;

洗面化粧台を構成するパーツや素材の特徴を理解しておく事で、より良い洗面台になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました