2階にお風呂・トイレは増設できる?リフォームできる?費用等

Uncategorized

二世帯住宅を購入し、迷ったのが「バストイレは共有にするか否か…」。
二世帯住宅を視野に入れている方は、将来的に“介護”を考えている方が多いかと思います。
介護というと、手取り足取り全てをお世話しなくてはならない、というイメージがありますよね。

老化が原因による体力低下であれば、出来る限り自立した生活を送れる事を念頭に置いて、計画するのが良いようです。
特に毎日行う「入浴とトイレ」はこだわらなければならない場所。
便器の立ち座りの際・浴槽の立ち座りの際にに使える手すりや、掃除しやすい素材を使うといった工夫をするだけで、自立した生活を続ける事が出来ます。

また、子供達が大きくなれば生活スタイルも大きく変わってきます。
家族全員の生活をよくシミュレーションし、増設が必要かどうかを検討してみると良さそう。

.

2階にバスルーム・トイレを増設するメリット
二世帯住宅で家族の人数が増えると、自由な時間になかなか使えないといった不便さがあります。
2階に住む世帯にも専用のバストイレがあれば、時間的にも余裕が出来ます。

子供が大きくなれば、生活リズムは大きく変わってきますよね。
特にお風呂はリラックスして過ごしたい空間。
世帯ごとに浴室があれば気を使わず自由に入りやすくなります。

.

2階にバスルーム・トイレを増設するデメリット
水を上に押し上げる力が必要な為、水圧が弱くなる等の問題が出る可能性があります。
地域的な問題で水圧が弱い場合もあるので、事前に確認しておくと良さそう。

また、木造の場合は、水漏れしやすいという危険があります。
水漏れにより木材が腐食し、建物の強度に影響が出る可能性が出て来てしまいます。
水漏れを防ぐためにも、施工の際に内部点検用の床下点検口を設置し、定期的にチェックする事が大切です。

.

費用は大体いくらくらい?
バスルームの増設については、かなりの費用・工期が掛かるようです。
単純な浴室リフォームとは違い、配管・電気配線の新設など、工事内容が大きく増えます。

築・構造の補強が必要になったり、事情により費用は異なりますが、500万円を超える事も珍しくないようです。

.
建物の構造にも影響する事なので、しっかり検討する必要がありそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました