飯田産業リーブルガーデンは安くて危険!?施工はいい加減!?実際に調べてみた!

Uncategorized

私達がなぜ、飯田産業リーブルガーデンを選んだのか。
飯田産業の中でも、ハートフルタウン、ブルーミングガーデン、グラファーレ、クレイドルガーデン、リナージュ…
様々な住宅ブランドが存在しています。

今回はその中でも決め手となった“リーブルガーデン”の特色を紹介していきたいと思います。

リーブルガーデンこと一建設では、高品質の住宅を低価格で提供する為、安心・品質が徹底されています。
昭和42年の創業以来積み重ねて来た実績・ノウハウを活かした高品質なのに低価格な住まいづくりが魅力的です。
“創業50年以上の歴史と実績”は頼もしい!決め手の一つとなりました。

ネットで調べていると、あまりの安さから危険視しているクチコミや、施工がいい加減なのではないかという噂が多く上がってきているのも事実です。実際はどうなのか、その辺りも踏まえて調査しました。

.

厳格な耐震構造

やはり最も怖いのが「地震」。私は埼玉ですが、近いうちに首都直下地震が来るとも言われている事も気になっていたので、耐震性も視野に入れて比較していました。

でも高度な耐震構造で搾るとどこも高額。対するリーブルガーデンは厳格な耐震構造なのにも関わらずリーズナブルなんですよね。

●ベタ基礎工法
基礎に「鉄筋入りコンクリートベタ基礎」を標準採用。ベタ基礎は地面全体を基礎で覆うため、建物の加重を分散して地面に伝えることができ、不同沈下に対する耐久性や耐震性を向上することができるそうです。

●鋼製床束
建物の床を支える「床束」と呼ばれる支持材に、サビやシロアリを寄せ付けない鋼製の床束を採用。従来品に比べ信頼性が高く、安心の強度で頑丈な構造を支えます。長期間の使用でも痩せず、腐らずメンテナンス性にも優れた素材なんだとか。

●木造軸組工法
一建設は、木の家つくりにこだわっています。それは、常に呼吸し、気候の変化に合わせて微妙に伸縮する木材こそが、高温多湿な日本の気候風土に最適と確信しているから。「木造軸組み工法」は土台、柱、梁などの住宅の骨格を木の軸で造る工法で、1000年以上にわたり、改良・発達を繰り返してきました。接合部には補強金物取り付け、床には構造用合板を使用するなど、強い耐震性・耐久性を発揮しているそうです。

●耐震金物
構造材をつなぎとめる接合部には「耐震金物」を採用。基礎・土台・柱など接合部ごとに適材適所な耐震金具を選び、構造体をしっかりと緊結。こうした表からは見えない部分にこだわることで、地震による揺れから建物のゆがみや倒壊を防ぎ、住まい全体の耐久性を高めています。

●剛床工法
一建設の住まいでは、1階と2階の床に「剛床工法」を選んでいるそうです。これは構造用面材を土台と梁に直接留めつける工法で、床をひとつの面として家全体を一体化することで、横からの力にも非常に強い構造となります。家屋のねじれを防止し、耐震性に優れた効果を発揮します。

.

環境への配慮

私の夫はアレルギー持ちなので、その辺も気になっていました。コスト削減となると、そういった部分はどうなるのだろう……と心配な所でしたが、リーブルガーデンは住みやすさにもきちんとこだわっています。

●環境に優しく、近隣への配慮も考えた効率的なプレカットシステム
コストの削減と工期の短縮を実現し、手加工の様な品質のバラツキがなくなります。また、現場での端材やゴミの発生を抑える事ができます。

●最新技術「基礎パッキン工法」で床下の湿気を排除
建物の劣化を防ぐには、構造部の腐食の原因となる床下の湿気の排除が重要です。「基礎パッキン工法」は従来の1.5~2倍の換気性能を発揮。さらに壁内に「外壁通気層」を設け効果的に湿気を放出します。

●建物の劣化を防ぐ湿気・内部結露対策Low-E複層ガラス
居室部分の窓ガラスには2枚のガラスの間に空気層を設けたペアガラスを採用。高い断熱性と共にガラス面の結露対策にも発揮します。結露はカビの原因にもなるし、除去も大変。これは助かりますね。

●シックハウス対策最高レベルの建材を標準採用
もっとも安全性が高いF☆☆☆☆相当の建材を採用。壁紙用接着剤にもゼロホルムアルデヒド型のものを使用するなど、シックハウスの原因となる有害物質をほとんど含まない部材を使っています。小さな子供がいる家庭でも安心ですね。

.

35年住宅保証システム

家は一生モノ。何かあった時の為に保証は大切。リーブルガーデンは住宅保証システムも充実しています。

・基本保証10年以降、5年ごと、最長35年まで長期保証延長が出来ます。
・保証部位はアフターサービス基準書に定める長期保証部位となります。
・延長保証には、建物を適正に維持管理するため、お引渡しから10年以降、5年ごとに建物無料診断を行い、診断結果により導き出された有償修繕工事を当社(指定工事店)にて行うことが条件となります。
・条件を満たされた場合に、5年間の延長保証書を発行いたします。
・35年住宅保証システムは長期優良住宅とは関係がありません。

.

調べてみた結果、安い=危険は全くの間違い。

手抜き加工も一切されていない事がわかりました。資材を大量に仕入れ、コストを削減する等、様々な工夫がされているようですね。有名な会社なので、根も葉もない噂が出てしまうのは仕方のない事なのかな。と思うまいなのでした(*_*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました