【間取り】子育てしやすい家づくりのポイント!

Uncategorized

子持ち世帯がマイホームを建てるなら、最も重視したい「子育てのしやすさ」。
私は子供はまだですが、将来の事を考え、子供が落ち着ける場所になれるような家づくりを念頭に置いて計画して来ました。
でも義両親も居るので、家事がしやすい点も外せない。
家事もしやすくて、子供が居心地よい空間ってどんな感じなんだろう。やっぱり・・・
子供がのびのび過ごせて、毎日の家事育児のストレスが無い家がベストですよね。

実際に打合せを進めていると注文住宅ならではなアイデアが沢山!
今回は主婦がやって良かったと評判の間取りのポイントをまとめてみました。

.

●キッチンは広め、リビング中心
思春期を迎えるまでは、子供は親にまとわりつくように過ごしているのではないでしょうか。
小さいうちは目が離せませんから、キッチンに居ても周りが見えるような間取りにすると良さそう。

マイホームを購入するならば、2階建てを計画される方が多いかと思います。
2階建てでは、別の階にいる家族の様子が気になる…と悩む方が多いみたい。
その場合、リビングを間取りの中心に置き、各部屋へ行くのに必ずリビングを通るようにしたり、回遊動線にしたりすることでコミュニケーションが取りやすくなります。

また、リビングに2階への階段を設ける事で、子供のその日の様子がわかります。
思春期になったらなかなか顔を合わせる事も減りがち。
これなら顔色もわかって安心ですね。

.

●子供部屋は成長を考えて
小さいうちは、家族と過ごす事が多いんですよね。
子供部屋を確保するならば成長度合いに合わせ、模様替えをしやすい間取りにしておくのが合理的です。

そこで活躍してくれるのが「間仕切り」
成長に合わせ、子供が個室を必要とするようになったら仕切れるように間取りを考えていきます。
その際、扉や窓、コンセントなどを子供の人数分用意して計画していくと良さそうです。

子供が独立した後も、客間や趣味の部屋としての活用方法を視野に入れるとイメージしやすいですね。

.

●走り回っても汚しても大丈夫
戸建てが完成したら、引越前に行うべきオプションも考えてみましょう。
視野に入れておきたいのがフロアコーティングです。
フロアコーティングをする事によって、掃除やメンテナンスがグッと楽になります。

日々の掃除と、定期的なワックス掛けとを比較すると、圧倒的に手間が掛からないというメリットがあります。
滑りにくいから、走り回っても安心という利点もあります。

でもオプションをプラスする、といっても色々な業者があって迷うんですよね。
私が依頼した施工会社「床の匠」は口コミも良く、料金も手頃で非常に良かったです。
もし埼玉で検討されている方が居たらお勧めです♪
詳しくはコチラ↓↓

https://yukanotakumi.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました